クロスバイクに乗ってヒップアップ効果?腕や腰の筋トレにも【2か月目】

3 min

 

クロスバイクに2か月乗り続けたら体のいろいろなところに変化がありました。

自転車に乗って走るのは意外と全身運動なんです。

 

自転車のペダルをこいでいる『足』以外にもトレーニング効果がありました。

2か月乗り続けたら体の次の部分がかわりました。

  • お尻がキュッ
  • 腕がシュッ
  • 腰がギュッ

   

現在の僕(目指せ細マッチョ)

現在はクロスバイクに乗りながら、自宅で腕立て・腹筋・背筋・スクワットをしています。

細マッチョを目指してがんばっているところです。

(クロスバイクに乗る前の写真を探しましたが見つかりませんでした。全体的に結構ぽっちゃりしてました…)

 

参考 脂肪1キロは超デカい!

ヒップラインがキュッとなった

自転車(クロスバイク)に2か月乗り続けたおかげで、ヒップラインがキュッとアップしました。

クロスバイクに乗り始める前は、ちょっとだけ重力に負けている感じだったんです…。

 

自転車はペダルをこぐので足の筋肉(主に太もも)を使います。

足を動かすときは、足の付け根部分(後ろ側はお尻の部分も含めて)も一緒に連動して動きます

  

ペダルをリズミカルにこいでいるだけで自然とお尻の筋肉を使います

結果的にヒップラインがきれいに引き締まってくるんです。

 

足が太くなったらどうしよう…」と思われるかもしれませんが、競輪(けいりん)選手のボンレスハムみたいな立派な太ももにはなりません。

むしろ太ももの余分な脂肪が落ちて見た目がスッキリします。

    

足を動かしてみるとイメージしやすいので実際に試してみましょう。

近くにイスがあったら座ってみてください。

すでにイスに座っていたらそのままでお願いします。

  

イスに座ったままの状態で、自転車のサドルに座っているイメージをしてペダルをこぐマネをしてみてください。

足をクルクルまわします

 

そうすると太ももの筋肉だけではなく、お尻の下側の筋肉(イスの座面に触れている部分)も一緒に動いていませんか?

この動きがヒップラインがキュッとする理由なんです。

 

日常生活だとお尻の筋肉を使うことはほとんどないですよね。

自転車(クロスバイク)は楽しく手軽にお尻や足の筋肉を鍛えることができます。

キュッとしたお尻は魅力的

キュッとしているお尻はとっても魅力的です。

廊下を歩いているときや、階段を上っているときに、前を歩いている人(上っている人)のお尻のあたりを何気なく見てしまうときがありませんか?

 

僕はよくあります。

そのときに前を歩いている人のスーツのパンツのラインがきれいだと、同じ男性でもカッコいいなあと思って見ています。

腕がシュッとなった

自転車(クロスバイク)に2か月乗り続けたおかげで、腕(とくに前腕部分)がシュッと引き締まってきました

クロスバイクに乗っているときはハンドルで体を支えています。

 

地味なイメージですが、想像以上に全身の筋肉を使っているんです。

  • 下半身がペダルをこいでいる状態で
  • 体全体のバランスを取りながら
  • 風の抵抗も受けながら

ハンドルを両腕で握って体全身を支えるのが基本です。

ハンドルを握る姿勢をイメージ

試しに両腕を前に出してみてください

クロスバイクのハンドルは、上の写真のように横にまっすぐ伸びた棒の形をしています。

  

腕を前に伸ばしたままハンドルを握るイメージをしてみてください。

さらにその状態に自転車のサドルに座っているイメージを追加すると、自然と上半身が前方へおじぎをするような姿勢になります(下の写真)。

 

両腕を前に出したままの状態で、ハンドルをギュッと握って体全体を支えているわけです。

そうすると前腕(腕のひじから先の部分)の筋肉が疲れてきます。

  

自転車に乗っている間はずっとハンドルを握っていて両腕で体全体を支え続けています(地味に疲れます)。

その結果、前腕部分が鍛えられてシュッと引き締まってくるんです。

腰がギュッとなった

自転車(クロスバイク)に2か月乗り続けたおかげで、腰もギュッと引き締まりました

走っているときの基本姿勢は背中がまっすぐキレイに伸びています。

 

自転車のサドルの位置が高くてハンドルも棒みたいなタイプなので、自然と前傾姿勢(前におじぎをする感じ)になります。

そうすると背中もまっすぐに伸びてキレイなフォームになるんです(下の写真)。

  

上の写真のような『前傾姿勢』のときによく使う部分が腰です。

腰は上半身と下半身をつなぐ体の大事な部分です。

  

同時に体全体のバランスを取るためにも重要な働きをしています。

先ほどのハンドルを握るポーズをしてもらえると分かりやすいと思います。

 

前傾姿勢になってペダルをこいでいると、バランスを取るために腰の筋肉(横側・背中側の筋肉)を使っています

普段の生活の中で「前傾姿勢で体を支えるシーン」はそれほど多くありません。

自転車に乗って走っているだけで自然と腰の部分を鍛えることになるので、ギュッと引き締まってくるわけなんです。

体の思いがけない部分がキュッ・シュッ・ギュッ

自転車(クロスバイク)に2か月乗り続けたら、想像以上に意外なトレーニング効果があって自分でも驚いています

体全体が一回りシャープになりました。

 

激しいトレーニングは何もしていません。

マイペースで自転車(クロスバイク)で走っていただけです。

 

僕はジョギングやランニングが苦手で続いたことがありませんでしたが、自転車は2か月楽しく乗り続けることができました

これからもマイペースで続けていきます。

続き 3か月目の記事を読む

 

参考 脂肪1キロは超デカい!

関連記事