【簡単カスタム】エスケープR3のサドル交換|2,000円でデザインもクールで快適フィット

4 min
メリット
  • オシャレなデザイン
  • お尻が痛くなりにくい
  • 取り付けが簡単
デメリット
  • 最初はちょっと硬く感じる
  • お尻が大きめの人には合わないかも
  • 派手なデザインは好みがわかれる

   

 

Cat Handのスポーツサドル
Cat Handのスポーツサドル

最近クロスバイクに乗っているときに「少しお尻が痛いな…」と思うようになりました。

僕の愛車は『GIANT』の『ESCAPE R3』というクロスバイクです。

 

Amazonでみつけた2,000円のサドルでお尻が快適になりました。

クールなデザインでカッコいいサドルです。

 

マロン

マロン

交換はとっても簡単。

六角レンチがあれば大丈夫です。

 

追記あり(2019年11月30日)
  • 5か月使用後の写真を感想欄に掲載しました。
  • プリントの文字が少しハゲました。

『Cat Hand』のサドルに交換した感想

 Cat Hand(キャット ハンド)のスポーツサドルを装着したエスケープR3
新しいサドルを装着

『ESCAPE R3』の純正サドルから『Cat Hand(キャットハンド)』の穴あきスポーツサドルの交換した感想は次のとおりです。

ざっくり言うと
  • 適度な硬さでフィット感が良い
  • 見た目もオシャレでカッコいい
  • 2,000円でこの品質なら大満足

 

マロン

マロン

シンプルでオシャレなデザイン!

コスパが良いサドルです。

見た目もメリハリがきいてオシャレな感じ』だったので気に入っています。

2,000円ならお買い得です。

2019年11月30日追記(プリントの文字がハゲた)

5月乗り続けてプリントの文字が一部ハゲたCat Hand(キャット ハンド)の穴あきスポーツサドル
プリントが少しハゲた

約5か月ほぼ毎日クロスバイクに乗り続けた結果、上の写真のようにプリントの文字が少しハゲました

ちょうど太ももの内側が当たって擦れやすい部分なので、こればかりは仕方ないです。

 

ほかの部分はとくに大きな変化はありません。

乗り心地は快適です。

クッションがヘタった感じもなく、適度なカタさと反発でお尻が痛くなりにくいです。

(追記はここまでです)
ーーーーーーー

デメリット

純正のサドルと比較

 Cat Hand(キャット ハンド)のスポーツサドルとエスケープR3の純正サドルを並べて比較した写真
上から見て大きさを比較
 Cat Hand(キャット ハンド)のスポーツサドルとエスケープR3の純正サドルを並べて比較した写真
横から見て薄さを比較

Cat Hand(キャット ハンド)の穴あきスポーツサドルのデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 最初はちょっと硬く感じる
  • お尻が大きめの人には合わないかも
  • 派手なデザインは好みがわかれる

  

最初は「サドルが硬いかな」と思いました。

しばらく乗っているうちにあまり気にならなくなってきました。

今は快適に楽しく走っています

 

サドルのサイズが小さめなので、お尻の大きめの人には合わないかもしれません。

デザインはクールな感じでカッコいいです。

 

メリハリがきいたデザインがとても気に入っています。

サドルを交換しただけでエスケープR3の雰囲気がガラッと変わりました

メリット

Cat Hand(キャット ハンド)の穴あきスポーツサドルのメリットは次のとおりです。

メリット
  • オシャレなデザイン
  • お尻が痛くなりにくい
  • 取り付けが簡単

  

個人的に好きなデザインのサドルでした。

サドルだけを見ると少し派手かなと思いましたが、自転車にあわせてみたらピッタリで相性抜群です。

 

一番重要なお尻の痛みは改善しました(もちろん個人差はあると思います)。

最初は「少し硬いかな」と思っていましたが、以前と同じ距離を走っても快適です。

純正のサドルがちょっとやわらかかったので、僕には硬めのサドルがフィットしました。

 

はじめて穴あきサドルに座りましたが、思っていた以上にフィット感が良くて気に入りました。

今は「穴あきサドルじゃないと無理」というくらい気に入っています。

 

お手頃価格の2,000円なので、とりあえずサドルを交換してみるときにピッタリです。

使ってみてフィット感がイマイチなときも、2,000円ならそれほど痛い出費にはなりません

反対に1万円くらいの高額なサドルだとショックが大きいです。

 

取り付け方法はとっても簡単でした。

六角レンチがあれば大丈夫です。

 

サドルの下側からのぞくとネジがあります。

そのネジを六角レンチでゆるめればサドルがはずれます

価格・素材・サイズなどの仕様

Cat Hand(キャット ハンド)の穴あきスポーツサドルの仕様は次のとおりです。

  • 価 格|2,000円前後
  • サイズ|28×13.5×10cm
  • カラーホワイト、ブルー、レッド、イエロー(計4色)
  • 重 さ|約280グラム

 

カラーバリエーションは4色ありますが、どの色もカッコいいです。

『ブルー』と『ホワイト』のどちらにしようか悩んだ結果、シンプルな『ホワイト』を選んで満足しています。

 

サドル重さ
Cat Hand280g
純正380g

 

Cat Hand(キャット ハンド)のサドルの重さは『約280g』です。

純正のサドルの重さは『約380g』だったので、サドルを交換して100g軽くなりました

どちらを買うか悩んだサドルは『Mach Burst』

Cat Hand(キャット ハンド)のサドルに決める最後まで悩んだサドルがあります。

それは『Mach Burst(マック バースト)』のサドルです。

 

Mach Burst(マック バースト)は『1,280円』と安かったので本当に悩みました(購入検討時の価格)。

最終的に選ばなかった理由は次のとおりです。

  • デザインがシンプルすぎた…。
  • 素材がポリウレタンだった…。

シンプルなデザイン

デザインは本当に好みの問題です。

僕は「キャットハンドのクールなデザインがカッコいい」と思ったので決めました。

素材がポリウレタン

素材は何となく「ポリウレタンよりレザーが欲しいな」と思っただけです(強いこだわりはありません)。

キャットハンドは『PCVレザー』を使用していたので、悩んだ結果レザーの方を選びました。

素材については、実際に届いて現物を試してみるまでアタリ(良い)かどうかわからないですが…。

快適なベストフィットで楽しく走る

 Cat Hand(キャット ハンド)のスポーツサドルを装着したエスケープR3
新しいサドルを装着
マロン

マロン

ナイスなチョイスでした!

2,000円で良いサドルが変えて大満足です。

『見た目』も『座った感触』も良い感じにうまく合いました。

  

ざっくり言うと
  • 適度な硬さでフィット感が良い
  • 見た目もオシャレでカッコいい
  • 2,000円でこの品質なら大満足

  

サドルの位置はこまかく調整ができます。

少しずつ試しながら『快適なベストフィットポジション』を探していきます

  

メリット
  • オシャレなデザイン
  • お尻が痛くなりにくい
  • 取り付けが簡単
デメリット
  • 最初はちょっと硬く感じる
  • お尻が大きめの人には合わないかも
  • 派手なデザインは好みがわかれる

   

パーツ交換楽しい

マロン

マロン

こちらの記事を読まれた方には次の記事が人気です!

パーツ交換楽しい

マロン

マロン

こちらの記事を読まれた方には次の記事が人気です!

関連記事