エスケープR3の【パンク修理キット】メーカー品でタイヤレバーからボンベまで準備

2 min

 

エスケープR3のパンク修理キット
エスケープR3のパンク修理キット

クロスバイク(ジャイアントのエスケープR3)に乗っていますが『パンク修理用のアイテム』を何も持っていませんでした。

Amazonで調べて『ベストセラー1位』や『ランキング1位』の商品から選ぶことに。

 

3つのアイテムを購入して合計約2,000円でした。

 

『パンク修理キット』があれば安心してクロスバイクに乗れます

今回はすべてメーカー品から選びました。

 

パナレーサーのタイヤレバー

パナレーサー(Panaracer)のタイヤレバーPTL3本セット
パナレーサーのタイヤレバーPTL3本セット

パナレーサー(Panaracer)のタイヤレバーPTL3本セットです。

Amazonの工具セットのランキング1位だったので、口コミを見ながら参考にしました。

素材はプラスチックです。

 

100均にもタイヤレバーがあるみたいですが、「最初はメーカー品がいいかな」と思ってパナレーサーにしました。

実際にタイヤとチューブを交換するときに使いましたが、頑丈で使いやすかったです。

パナレーサーのパンク修理イージーパッチキット

パナレーサーのパンク修理イージーパッチキット
パナレーサーのパンク修理イージーパッチキット

パナレーサーのパンク修理イージーパッチキットです。

のり付け不要で簡単に貼れるパッチキット

 

パンク修理は「チューブを交換する方法」もあります。

とりあえず今回はパッチを買いました。

 

イージーパッチキットは『応急処置に最適』なので、あくまで保険用』として使おうと思います。

まだ実際に試したことはないので、具体的な使い勝手はよくわかりません。

ティーエヌアイのCO2ボンベセット(バルブタイプ)

ティーエヌアイのCO2ボンベセット(バルブタイプ)
ティーエヌアイのCO2ボンベセット(バルブタイプ)

ティーエヌアイのCO2ボンベセット(バルブタイプ)です。

すごく小さいボンベです。

 

『ポンプ式』の空気入れと迷いましたが、コンパクトな『ボンベ式』にしました。

ポンプ式と比べると次のデメリット・メリットがあります。

メリット
  • 簡単
  • 楽チン
  • ポンプを押す肉体労働がない
デメリット
  • 高い
  • コストがかかる
  • 使い切りの消耗品

 

ボンベセットにはいろいろな種類があります。

  1. バルブタイプ
  2. プッシュタイプ
  3. クイックスクリュータイプ

 

見た目が同じように見えるので、最初は区別がつかなかったです。

今は商品名のあとにある『◯◯タイプ』を注意して見ています。

パンク修理キットがあれば安心

もしものパンクに備えて『とりあえず必要になりそうなアイテム』をそろえました。

まだパンクしたことはありませんが、いざというときのために勉強しておきます。

 

スポーツバイクの『パンク修理講習会』もあるので、参加してみようかなと思っています。

実際にリアルに教えてもらいながら、自分の手でパンク修理ができる機会は貴重ですよね。

  

今回買ったアイテムはサドルバッグに入れています。

コンパクトですがたっぷり収納できて便利です。

 

パーツ交換楽しい

マロン

マロン

こちらの記事を読まれた方には次の記事が人気です!

パーツ交換楽しい

マロン

マロン

こちらの記事を読まれた方には次の記事が人気です!

関連記事