クロスバイクをメインにしたスポーツ&趣味のブログ

ろんぶりスポーツ

エスケープR3のタイヤとチューブ交換|後輪がツルツルだったので自分で挑戦!

この記事のタイトルとURLをコピーする
この記事は約 2 分で読めます
  1. トップ >
  2. クロスバイク >

エスケープR3のタイヤとチューブ交換|後輪がツルツルだったので自分で挑戦!

パナレーサーのコンフィ

 

パナレーサーのチューブ

 

エスケープR3の後輪タイヤがすり減ってツルツルの状態

タイヤがすり減ってツルツルの状態

 

愛車(エスケープR3)の後輪タイヤがすり減ってツルツルの真っ平らに…。

このままではパンクをする可能性も高くなりますし、せっかくなので自分で交換してみました。

 

はじめての経験でわからないことばかりでしたが、『動画』を見たり『メンテナンス講座』を読みながら無事に交換完了。

クロスバイクに乗っている以上いつかはパンクをするでしょうから、実際にタイヤとチューブ交換の経験ができて良かったです。

 

こちらの記事では、

  • 交換する前と後のビフォーアフターの写真
  • 参考にした動画とメンテナンス講座
  • 準備したもの(と僕の感想)

をご紹介しています。

 

というわけで、

『エスケープR3のタイヤとチューブ交換|後輪がツルツルだったので自分で挑戦!』

をご紹介します。

 

マロン
それでは本編スタートします。僕の『写真集ブログ』も良かったら見てください。

 

関連 バルブキャップの交換





交換する前のタイヤの状態(後輪つるつる)

エスケープR3の後輪タイヤのすり減り具合

後輪はすり減ってツルツルの平ら

交換する前の後輪タイヤは、上の写真のようにかなりすり減った状態でした。

タイヤの中央部分がすり減ってツルツルの真っ平らになっています。

 

エスケープR3の前輪タイヤのすり減り具合

前輪はすり減ってない

前輪タイヤはそれほどすり減っていません。

『後輪タイヤ』と『前輪タイヤ』で、すり減り具合がまったく違います。

 

エスケープR3の後輪タイヤのすり減り具合

斜め後ろから見た状態

エスケープR3の後輪タイヤのすり減り具合

真後ろから見た状態

後輪タイヤを真後ろから見るとすり減っている様子がよくわかります。

中央部分がフラットになっていてみぞがありません。

 

交換した後のタイヤの状態(新品まんまる)

エスケープR3の後輪タイヤを新品に交換した状態

新品の後輪タイヤ(すり減りなし)

後輪タイヤを新品に交換した状態です。

今回は青いラインが入ったタイヤを選んだので、青いタイヤになっています。

 

エスケープR3の後輪タイヤを新品に交換した状態

拡大した状態

タイヤを拡大した様子です。

まん丸とふくらんでいます。

 

エスケープR3の前輪タイヤを新品に交換した状態

新品の前輪タイヤ

新品の前輪タイヤの状態です。

こちらはとくに大きな変化はありません。

ブルーのラインのおかげで、見た目の雰囲気はガラッとかわっていますが。

 

>> 目次にもどる



ビフォーアフターを比較

エスケープR3の後輪タイヤのすり減った状態

交換する前のすり減った状態

ツルツルの真っ平ら…。

 

エスケープR3の後輪タイヤを新品に交換した状態

新品に交換した状態(すり減ってない)

ふっくらまんまる!

『交換する前』と『交換した後』を並べると違いがわかりやすいです。

 

タイヤ・チューブ交換に使用したもの

前輪と後輪を一緒に交換しました。

「すり減ってツルツルの後輪だけでもいいかな」と思いましたが、せっかくなので前輪もセットで交換することに。

 

エスケープR3の『タイヤ』と『チューブ』を交換するために使用したものは次の3つです。

  1. タイヤ × 2つ(前輪と後輪)
  2. チューブ × 2つ(前輪と後輪)
  3. タイヤレバー

 

パナレーサーのコンフィ

 

パナレーサーのチューブ

 

パナレーサーのタイヤレバー

 

タイヤは最初からついている『700×28C』と同じものを選択。

種類がたくさんありすぎて、正直どのタイヤを選べばいいのか分かりませんでした…。

 

悩んだ結果、パナレーサーの『コンフィ』というタイヤを選びました。

何となくパナレーサーに決めた理由は、単純に「国産製品なので良さそうかな」と思ったからです。

 

チューブも同じようにパナレーサーにしました。

『700×28C』に対応しているチューブを選べばOKです。

 

交換で使ったタイヤレバーもパナレーサーだったので、たまたま全部がパナレーサーということになりました。

やっぱり『国産製品』が安心です。

 

>> 目次にもどる



参考にした動画やメンテナンス講座

上のユーチューブ動画は説明のスピードが少し早めです。

最初にざっくりとした流れを確認するときに見るのがおすすめです。

 

実際に交換作業をするときは、下記にリンクを貼ってある『サイクルベースあさひ』の『メンテナンス・カスタム講座』を何度も見ながら交換しました。

内容はユーチューブ動画と同じです。

動画と違って写真と文字で説明されているので、じっくり見て勉強できます。

 

(出典:サイクルベースあさひ

 

公式 タイヤチューブの交換

 

はじめて自分でタイヤとチューブを交換した感想

  • 最後のタイヤをはめるのがキツかった…。
  • 動画とテキストの説明を見ながらでOK
  • 交換後は満足感でいっぱい!

 

最後にタイヤをはめるのがすごく大変でした…。

残り10cmくらいが全然ハマらずに指がかなり痛かったです。

 

2本目のときはコツが分かってきて割とスムーズに交換できました。

1本目のときは一人で「ぬおー」と叫びながら30分くらい格闘することに…。

 

マロン
最初は結構大変だけどコツがわかればスムーズ!

 

途中でわからないところが出てくるたびに『動画』や『講座の説明』を見ながらゆっくりとすすめました。

1時間くらいかかりましたが、何とか無事に交換することができました。

 

クロスバイクに乗っている以上、いつかパンクすることがあるでしょう。

そのときのためにも一度は自分でタイヤとチューブを交換しておきたかったので、良い経験ができました。

すごく疲れましたが、新しいタイヤとチューブになって大満足です。

 

\ 買って良かったランキング /

エスケープR3のカスタマイズで個人的なランキングを作りました。

まだ使っているパーツが少ないので、少しずつ増やしていくつもりです。

>> 目次にもどる



はじめてのタイヤ・チューブ交換はドキドキ・ワクワク

はじめて自分一人でクロスバイクのタイヤとチューブ交換をしましたが、とても良い勉強になりました。

ドキドキ・ワクワクしながら、実は途中で何度もくじけそうになりましたが…。

 

今回自分一人でタイヤとチューブの交換ができたので、いつかパンクしたときも多分大丈夫でしょう。

幸いなことに、まだパンクしたことがありません。

 

マロン
覚えたのでもう大丈夫!

 

クロスバイクのことはまだまだ勉強中ですが、こうやって一つ一つ覚えていくのが楽しいです。

大切な愛車ですから、自分の手で一通りできるようにがんばります。

 

パナレーサーのコンフィ

 

パナレーサーのチューブ

 

パナレーサーのタイヤレバー

 

  • サドルバッグ

  • ボトルケージ

  • サドル

  • パンク修理

  • バルブキャップ

 

マロン
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。僕の『写真集ブログ』もぜひご覧ください。

この記事のタイトルとURLをコピーする


人気記事

1

  自転車(クロスバイク)がこんなに楽しいなんて知りませんでした。 おまけに体にも良いことばかりですからね。   クロスバイクを買ったのは数年前でしたが、ほとんど乗らずに放置したま ...

2

  寝る前に60秒がんばるだけで、お腹まわりがスッキリします。 とくに高価な道具は使いません。道具を何も使わずにできるんです。   毎日クロスバイクに乗り続けて8か月になりますが、 ...

3

  マニュアルの車って運転が難しいですよね。 僕は10年ぶりにマニュアルの車を運転しました。   久しぶりのマニュアルにもかかわらず、いきなりターボの280馬力の車に乗ることに…。 ...

4

TOPEAKのモジュラーケージ2 TOPEAK(トピーク) モジュラーケージ2 トピーク(TOPEAK) ¥1,037 (2019/10/09 07:48:23時点 Amazon調べ-詳細) ...

5

  今使っているラケットの「オーバーグリップテープ」を交換されたのはどのくらい前ですか? もしかして、ボロボロになっていたり、白いオーバーグリップテープが真っ黒になっていたりしませんか? & ...

-クロスバイク
-

Copyright© ろんぶりスポーツ , 2019 All Rights Reserved.